2005年12月31日

●掛け値なしの勝負の結末 − 箱根駅伝(5)

●2001年・第77回大会・復路 〜 10区、ゴールへ 〜

いよいよ駒大が初めてトップに立ちました。
一方の順大は追い詰められた形。正に絶体絶命。


鶴見中継所では順大の10区、アンカーの宮崎展仁選手(4年)が謙介を待っていました。

宮崎は、2年前は優勝テープを切り、昨年は2位で無念の涙のゴール。
そして、今年、3年連続でアンカーを任されていました。

宮崎は、復路のスタート、6区の宮井将治選手が、区間新を出し、
駒大に3分8秒の差をつけた時の心境を、こう語っています。
>さらに続きを読む
posted by 23book at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●壮絶な掛け値ない勝負−箱根駅伝(4)

●2001年・第77回大会・復路 〜 9区、壮絶・逆転 〜

1999年順大、2000年駒大が優勝し、迎えた2001年第77回大会。

ここでも、順大と駒大の歴史に残る名勝負が繰り広げられます。

「復路の順大」は、復路のスタートの6区で、
宮井将治選手(4年)が中大を抜いて首位に立ちます。
この時点で、ライバルの駒大には3分8秒の差をつけています。

しかし、7区では駒大との差は2分47秒と縮まり、
8区では、駒大との差は27秒にまで接近します。

しかし順大は、勝負の山場となったこの9区にエースを投入していました。2年前、駒大との対決の場となったこの9区で大逆転の快走をした、
エース高橋謙介選手(4年)を投入していたのです。
「高橋で勝負を決める」と沢木監督は考えていたのです。
>さらに続きを読む
posted by 23book at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●迷える名将は選手に救われる?−箱根駅伝(3)

●1999年・第75回大会・往路 〜 9区、復活・逆転 〜

一方、順天堂大学。

1993年の第69回大会では、2区で、順大のエース・本川一美が右足疲労骨折。
何とかタスキは繋いだものの、区間最下位の大ブレーキで、総合9位。

1995年の第71回大会では、10区のアンカー・浜野健が左足疲労骨折。
そのままリタイア。そして、33年ぶりのシード落ち。

沢木監督は「私の練習法も古いのかな」と感じたそうです。

なぜこうまで、「大切な大会」に向かっているのにも関わらず、
ここまで「疲労骨折」が起きてしまうのでしょうか?
>さらに続きを読む
posted by 23book at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●自分のコントロールすることを学ぶ − 箱根駅伝(2)

●1992年〜1998年・第68回〜第74回大会 〜 新旧交代(2)〜 

また、同じく、順大の4連覇以降では、神奈川大学の躍進に目が止まります。
神奈川大学を率いていたのは、
山梨学院の上田監督同様、30歳そこそこだった大後栄治監督。


1989年、17年間箱根から遠ざかっていた神奈川大学に、大後はコーチは就任しました。
就任1年目の1990年の第66回大会では、予選会から参加。
就任3年目の1992年の第68回大会では、18年ぶりの本戦出場を果たし14位。
そこから8位、7位、6位と一歩ずつ、しかし確実に歩みを進めて行きました。
しかし、次の1996年の第72回大会。

当日4区を走る予定だった高嶋選手は2週間前から左足に違和感を感じ、
1週間前からは痛みも出ていました。

本人は「疲労骨折かもしれない」と思ったそうですが、
トレーナーは「疲労骨折ではない」と判断。

そして、レース前日。
>さらに続きを読む
posted by 23book at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

●勝負に純粋な「名将」に学ぶ − 箱根駅伝(1)

毎年幾多のドラマが生まれる、正月の風物詩として名高い箱根駅伝。

お正月の1月2日・3日に、合計10区間216.4kmで行われる、日本を代表するスポーツです。
「どうしても箱根を走りたい」という若者も少なくありません。

こんな箱根駅伝は、とても距離の長い駅伝で、しかも丸々2日間に渡るレースゆえ、
毎年、多くの「驚き」を与えてくれます。

その中でも、忘れられないチームの一つが「順天堂大学」です。

「名将」沢木監督の元、1981〜82年の第57〜58回大会では2連覇。
1986〜89年の第62〜65回大会では4連覇の黄金時代を築きました。

“沢木マジック”とも言われる箱根での順大の復路での大逆転劇は、
ドラマに満ち溢れています。


4連覇の最初の第62回大会では、2区で10位、5区で5位、往路が終わって6分32秒という大差。
10区にタスキが渡った時点でも2分6秒の差がありましたが、これを逆転しての大逆転優勝でした。

この年からの2〜4連覇の立役者となったのが、順天堂大学の山田和人さんです。

山田さんは、新潟の高校を卒業し、自衛隊に入隊。
しかし「どうしても、箱根駅伝で走りたい」という、箱根への夢・思いが捨てきれず、
新聞配達などのアルバイトをしながら、2年間の浪人生活の後、順天堂大学に入学。

そして、この「3連覇」の間で、毎年「区間賞」を取り続け、優勝に貢献しました。

しかし、そんな沢木監督率いる順大も、あの4連覇以来、頂点から遠ざかることとなったのです。
>さらに続く
posted by 23book at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

★創意工夫の2人の対談に、たゆまぬ努力を学ぶ − 日経ビジネス新春対談

1934(日経ビジネス).jpgふと日経ビジネスをみると、

新春対談が、
スターバックスのハワードシュルツ氏と、マリナーズのイチロー
対談でした。

「片やヒット1本1本を積み重ねて
大記録を成し遂げたプロ野球選手、

 片やコーヒーを1杯1杯注いで
世界最大のチェーンに育てた敏腕経営者」


うまいこというなぁと思って読み進めました。

どちらも、

・よりうまくなる為、

 研究を続ける

・周りに左右されない、
 
 独自のスタイルを貫く


ことで、「夢に近づく」二人のスタンスを見ると、

・自分自身で、考えることが大事だということ
・考えたことを、周りに左右されず、実際にやってみること


が大事だと、あらためて感じました。

年の瀬にあたり、再度原点に帰った気持ちでした。

その特集の部分だけでも読んでもらえると、
基本に返れて、すっきりと新年を迎えられると思います。

日経ビジネス
http://www.fujisan.co.jp/Product/1934/http:/ap-23book
posted by 23book at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

★日本一のキャプテンに中間管理職の極意を学ぶ−ガンバ宮本

B000C1MIMU.09(GQ).jpgGQのような洒落た雑誌にも、
ガンバ・宮本は、しっかりはまっています。

特集インタビューが、

「キャプテンは、

中間管理職です」


金剛中学から、カンバユース、日本代表と、いつもキャプテンとして
活躍して宮本が、自分の「キャプテン論」を披露しています。




監督の本はたくさんあるけど、「キャプテンはどうあるべきか」
という本はない、と宮本はいってます。

また、
●キャプテンは、仕える監督により、必要とされる「キャプテンシー」が
変わってくるものです。

トルシエ監督の下では役割が固定されていましたが、ジーコの下では
選手に与えられた自由が多いので、戦術の指示を出すこともあります。


・・・仕える上司によって、役割をかえていくことが大事ってことで

しょうか。


●監督との信頼関係が関係が深まっていけば、自分のやりたいことが
できて、自分の意見をいえる機会も増える


・・・ これって、「自分の意見を聞いてくれない!」と
    ふてくされている課長さんに聞いてもらいたいです。


その他にも、宮本の「知的な」インタビューが続きます。

手元において、上司との軋轢に負けそうなときに、
読み返したい一冊です。






他の特集では、「業界別、社長に聞いた今年の一冊!」が
あります。
これも業界別におもしろそうな本がずらりと。

21世紀型のマネジメントを説いている
「フューチャー・オブ・ワーク」が気になりました。



posted by 23book at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

★個性をひきだす名手を感じる − 仰木監督の想いをキヨがひきついで

清原選手がオリックスに入団することになりました。

故仰木前監督からは、今年も、そして去年も、
「地元大阪で」という思いに応えた形になりました。

この清原選手の思いは仰木監督には届いたのでしょうか?


なぜか、清原選手の周りには「熱い人」が集まります。

野茂投手は、かつて近鉄時代にこう言っていました。
「清原さんだけ、バッターボックスで大きく見える」と。

今では、西武の松坂投手も同様のことを言っています。


一流投手にこう言わせる何かが清原選手にはあるのです。


そんな清原選手に、野茂投手は、
誰が見ても分かる「直球勝負」を挑み続けました。

そしてその野茂投手の気合に応えて清原選手も「フルスイング」。

「やるか、やられるか」の真剣勝負。

この対決を見ていた仰木監督は、「面白いじゃないですか」と言っていました。
結果に対して全責任を負っていたのにも関わらず、
決して野茂投手に、「相手の逆を突け」という指示は出しませんでした。

こんな姿勢の仰木監督だからこそ、数多くの「日本初のメジャー選手」を
産み出したのではないでしょうか?

野茂、イチロー、長谷川、吉井、など、
個性派で一流選手が粒ぞろいです。


野茂は、入団し、野球関係者に、
「そんなフォームじゃあ、コントロールが定まらない」「盗塁をされまくってしまう」
など、フォーム改造を指導されますが、仰木監督は、そのままのフォームで投げ
ることをよし
としました。

そして、入団して5年連続最多勝を記録し、メジャーでは2度もノーヒットノー
ランを達成しました。

イチローは、仰木監督が就任する前年には、「二軍行き」を命じられていたのに
も関わらず、仰木監督は就任するや、「この選手は、ものになる」と、
登録名も「ICHIRO」と変更させ、「レギュラー」として起用します。
そして、その年に「日本最多安打記録」を達成。

そして昨年は「メジャー最多安打記録」を更新という活躍ぶりです。


なぜ、こうも仰木監督は、「選手を発掘・育成」できるのか?

仰木監督はこう言っていました。

「選手を育てることはできない。

できることは、活躍できる場を与えることだけだ」と。


どれだけ、その選手の個性を活かして、イキイキと働いてもらうか。

仰木監督はいつも、「チームがあって、選手がある」のではなく、
「ファンがあって、選手がいる。選手があって、チームがある」という、
気持ちが伝わって来るチームを作ってくれたように思います。
「みんなが一緒の気持ちになれるチーム」を。

先日も書いた、「10.19」

この時の仰木監督の率いた近鉄バッファローズは、
正に「日本を動かしまたチーム」だったように思います。

その年の10月19日、近鉄対ロッテの最終戦。

それを放送していたのは関西朝日放送でしたが、
その時のテレビ朝日の編集局長は、仕事帰りに飲んでいる店で、
近鉄が粘りに粘っている状況を見て、21時からのドラマの放送予定を
15分間遅らせることを決定し、飲み屋から指示を出しました。


更に21時30分まで延長することを決定。
ついには、ドラマの放送予定を中止し、しかもCMを飛ばしての放送を決定。
しかし試合は22時になっても終わらず、久米宏のニュースステーションの時間
にも突入しましたが、久米宏が

「川崎球場ではとんでもないことになっています。このまま野球中継を
 延長します。」
と語り、そのまま生放送を続けました。

しかし、近鉄の優勝は、幻に終わりました。

その時の最高視聴率は、何と59%。
日本中が、「仰木近鉄」に釘付けになった夜でした。

その様子は、
最終戦 10.19 川崎球場[ビデオ]や、「Sports Graphic Numberベスト・セレクション〈2〉 文春文庫PLUS」スポーツグラフィックナンバー (編集)で感じてもらえます。

多くの選手を、多くのファンを引きつけて止まなかった
仰木監督の思いを引き継ぎ、
清原選手はきっと来年、日本中を湧かせてくれるに違いありません。


今から松坂投手との「真っ向勝負」に胸が躍ります。

ガンバレ、キヨ!!
posted by 23book at 00:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

★サッカーチーム監督の采配に、チームリーダーのスキルを学ぶ

4796649220.09(ワールドサッカー).jpg今日はトヨタカップ決勝戦。
「地球一」のサッカーの場に、日本のチームが
いないのは少し寂しい気もします。

連日、夜の番組で選手の活躍が伝えられていますが、
少し角度を変えて、「監督の采配術」についてもフォーカスしてもらえると
勉強になるのになぁ
と思います。


先日本屋で、
「ワールドサッカーシステム論」という、監督の戦略、戦術にフォーカスした本をみつけたので、
早速買いました。

ゴールにシュートを決める、シュートを決められないように守る、
大きくいえばこのゲームで勝利するために、こんなにいろんなシステムがあり、
変遷してきたのかと、正直驚きました。



次回のワールドカップで、同じ「F組」になったブラジル、オーストラリアの監督も
それぞれとりあげられていました。

●ブラジル監督は、実はプロ経験がなく、体育大学で学んだ理論をもとに、チーム戦略、戦術を
練りあげ、個々の選手の能力を活かして勝利していること、

●オーストラリア監督は、前回ワールドカップで、韓国代表をベスト8まで引き上げた
あの「ヒディング」です。

当時の中心選手だったホン・ミョンボ選手が、

「今までの監督はカラダを疲れさせたが、
ヒディングは頭を疲れさせる」
と笑ったそうです。

もともとスピードもあり運動量が多い韓国選手に、
役割を明確にした戦術を伝授することで、勝利をもたらしました。

その後の韓国代表の監督が、いずれも苦戦している話もありました・・・


もちろん、日本の代表チームの采配についてもありました。
トルシエのチームづくり、勝ち方には疑問の声が・・・

ただただ勝てばいい、「勝てば官軍」という考えは、
やっぱり支持されないようですね。



先日なくなったオリックスの仰木監督のように、

「ない袖はふれない、じゃなくて、ない袖も振ってしまうのがすきなんだ」


のような、

チームの限られた状況の中で、

選手個々の能力を高め、力をあわせて勝つ、

ような「人間味あふれる」采配が、
みんなの支持をえられるのだと思います。



書くのは簡単ですが、実際自分のことを見直すと、
実際の現場を考えると、なかなかしっかりしたチームの采配は難しいですよね。。。
ぜひ、参考にして、勉強したい1冊です。
「ワールドサッカーシステム論」
別冊宝島



posted by 23book at 13:05| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

●仰木監督に仕事の原動力をもらいました。ありがとうございました。

親友と酒を飲むと、必ずといっていいほど、
話す10.19の話を。

仰木監督のご冥福をお祈りします。

=====================================

1988年10月19日。

それは、野球ファンであれば、誰しもが知っている一日ではないでしょうか


俗に、「ジュッテンイチキュウ」というその日は、
今年、球団としての幕を閉じた近鉄が、
ニュースステーションを通して、全国放送をされた日であることを、鮮明に憶えています。

あの弱小球団近鉄が、当時、憎たらしいくらい強すぎる西武を超え、パリーグを制覇できるか
どうかが決まる最終戦でした。●さらに続きます
posted by 23book at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

●強さと優しさを、カズの背中に学ぶ

残念ながら、トヨタカップで、シドニーFCが敗れてしまいました。

でも、嬉しいのは、カズが『世界一』を決める大会に出れたことです。

八年前、不調だったとはいえ、日本を初のワールドカップに出場させたカズは、
本大会には、出場することができませんでした。

そんなカズを呼んだ、シドニーFC監督のリトバルスキーが

『カズには、世界大会に出て欲しかった。』と言っていましたが、
僕もそんな気持ちがありました。


理由は、『かわいそう』だからということでは、ありません。

どんなに逆境になっても、またおとしめられても、

前向きに戦って来たカズだからこそ、

ここ一番の試合で『何かやってくれるんじゃないか』と思ってしまうから、

そしてその姿に強さと優しささみたいなものを感じるからです。



そんなカズの一面を先日テレビで見ました。

シドニーに移り、チームメイトにイタリア系の移民の選手がいました。
カズはセリエA時代に覚えたイタリア語で話をし、仲良くなり、
ある日、おばあちゃんなども集まったホームパーティーに招待されました。

普段は揚げ物は口にしないカズが、この日ばかりは、この大家族が作って
くれた料理をおいしそうに食べ、舌鼓を打っていました。

温かい家庭に、カズはとりわけ嬉しそうな表情を浮かべていました。

これからも、そして次の試合も、カズの人間性や価値観に根ざした、
強さと優しさが滲み出たプレーに期待したいと思います。


posted by 23book at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

★社員の入れ替わりが激しい会社が「勝つ」戦略・・・早稲田ラグビー部清宮監督に学ぶ

怒涛の強さを誇る早稲田ラグビー。

清宮監督の采配が光ります。

ラグビー部のサイトも勢いあります。
http://www.wasedarugby.com/?page_sysnm=gamerugby_detail&id=1530

V5は偉業です。

社会人ラグビーと違い、学生は4年間しか原則としてプレーできないので
毎年、主力選手が入れ替わり、戦力を高いレベルでキープ
するのは
並大抵ではないと思います。

そんな中で、各戦術に「なぜ」を問いかけ、各選手の特性にあわせて
丁寧に指導するその「コーチング力」は、非常に参考になります。


一般の企業でも、新入社員を採用しても、一生その会社に勤務するわけでは
ない時代。ひょっとすると、一般企業でも、早稲田のラグビー部のように
3年から4年で、戦力がガラッとかわってしまうのが現状
ではないかと思います。

そうすると、ただのコーチング、戦略立案の参考書、というだけでなく、
「人がいれかわることを前提にした」参考書として、重宝すると
読んでみて感じました。


大事なプロジェクトを抱えているが、
人が入れ替わってしまい、作戦が立てにくい状況の方に
オススメの一冊です。


「最強の早稲田ラグビー―世界を狙う「荒ぶる」魂」

4062568934.09(早稲田ラグビー).jpg

「荒ぶる」復活

4062116316.09(荒ぶる復活).jpg

清宮 克幸 (著)



posted by 23book at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

★「名刺」をもった監督−古田プロジェクトに学ぶ

先日のニュースで、「古田プロジェクト」の様子を知りました。

古田監督自ら、スタンドのファンに自分の名刺を手渡しし、
コミニュケーションのきっかけをつくっているとか。

そしてその名刺を通して、自分のメールアドレスを登録しておくと
先発の投手とか、試合の情報を流してくれるそうです。

まるで一般企業のようです。


古田監督は、もちろんスポーツマンですが、
なんだか経営者然としたところがあります。
昨年の選手会長としての活躍のとき、ほんとに感じました。

企業の論理や、一般企業のマーケティングの理論を取り入れ
より野球を魅力的なものにしてもらうことは、本当に楽しみです。


でも、ロッテのバレンタイン監督が
「野球自体が面白くなければ、いくらファンサービスをしても
 やっぱりだめ」というように、
これからキャンプ、オープン戦、
ペナントレースと、古田式の采配をぜひ楽しみにしたいです!


あー、古田の采配をはやくみたい!

「勝負脳」を鍛えるであった、古田の勝負頭脳が、
どこまでチームに浸透するのか、


古田式はどこまで通用するのか、
本当に楽しみです。

そして、ぜひ日本シリーズは、バレンタインと。。

野村監督の本をすべて読んでから
入団したという話が、「古田式」にありましたが、
ひょっとして、もう古田はバレンタイン監督の本「ボビー流」とか
読んでいたりするのでしょうか・・・

ちょっと気が早いでしょうか。


それにしても、名刺ほしいなぁ・・ 
 





posted by 23book at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

●うれし涙を流したい − ガンバの優勝に学ぶ

親友よりコメントが。

==============================

宮本が泣いていた。

日本代表キャプテン。
クールな二枚目の男。。

スポコンなんて言葉とは縁がなさそうな宮本が号泣していた。

西野監督も泣いていた。


時は1996年
アトランタオリンピック。

ワールドカップに一度も出たことがなかったサッカー後進国の日本が、
サッカー王国ブラジルと、初戦でぶつかった。

その時の日本代表監督が西野監督だった。

結果は、1−0。日本の勝利。

世界中が驚いたこの結果は、「マイアミの奇跡」

しかし、その時、選手として出場していた中田英寿、
また日本のマスコミからは、批判が相次いだ。

西野監督は、「ブラジルに勝つにはそれしかない」という信念で、
徹底して守り、一発のカウンターに全てをかける「超守備的な戦い方」を選択した。

これが、「未来に繋がらない勝利」という酷評を生んだ原因になってしまいました。


そんな二人が今年、「点を取られても、それ以上に点を取ればいい」と、
超攻撃的なサッカーを展開した。

「守備の要の宮本」が、「誰がなんといおうと超守備的な戦いを選んだ西野」が、
「超攻撃的なガンバ大阪」を率い、見事優勝しました。


一方、同じ大阪を本拠地とするセレッソ大阪。

昨年はかろうじて最下位を免れたチーム。
しかも、今年も最下位に沈んでいたこともあった。

しかし、この最終試合までの16戦に、一敗もすることなく駆け上がり、
勝てば優勝という所までやって来ていた。

後半44分59秒まで、優勝に一番近いチームだった。

しかし、「あと1秒」の所で、同点ゴールを決められた。
西澤は崩れ落ちた。森島は天を仰いだ。



「何が起きるか分からない」というのは本当ということです。
誰が勝者となり、いつ敗者となるかは、本当に「紙一重の差」ということなんだと思
います。

「最後まで、自分たちのスタイルを貫き通して戦えた」
西野監督は泣きながら言っていました。

「差」を生むのは、
「追い込まれても、自分を信じ続けることができるか」

かかっているのかもしれません。

自分も、「攻める気持ち」を忘れず、
嬉し涙を流せる仕事をしたいと思います。


あまり読んだことがなかったけど、

西野監督の本「挑戦―ブラジルを破るまでの軌跡」や、

宮本の本「キャプテン―宮本恒靖が見た五輪代表」

読んでみようと思います。




posted by 23book at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

●天国と地獄の「集中力」−Jリーグ優勝争いに学ぶ

昨日のJリーグ優勝争い。
まさに「手に汗握る」戦いでした。

各チームの勝ち負けによって、4位までの順位が
がらっと変わってしまうシーズンなんて、初めてでした。

セレッソを応援していた私は、暖かい部屋でテレビで観戦でしたが、
モニターに映る森島や西澤の、寒そうな顔を見ると、なんだか
申し訳ないような気がしました。

セレッソは、おそらくそれまでに経験したことがない
相当なプレッシャーだったと思います。

1点リードで迎えた後半40分以降、おそらくガンバのファンの
人でも、「セレッソ優勝」だと思ったのではないでしょうか。

選手交代後、一瞬の隙をついた東京ゴール。

結局、勝負事は最後までわからない、という当たり前のことを
猛烈に復習させられました。


最後までわからない、ということは、

いいかえれば、「最後までの集中力」が

結局は勝負を左右するということでしょうか。


ガンバの大黒は、
「自分たちがこの試合に勝つことで、何かが始まる」といっていたそうです。

川崎との点の取り合いが続いた試合でしたが、
最後まであきらめない、いいかえれば最後まで勝負に集中していたのだと思います。

でも、
セレッソ、おつかれさまでした。

森島は、小さいのでモニターでも人一倍その運動量が光っていました。
あの姿、忘れないです。

次、いきましょう。モリシ。
posted by 23book at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。