2005年12月31日

●掛け値なしの勝負の結末 − 箱根駅伝(5)

●2001年・第77回大会・復路 〜 10区、ゴールへ 〜

いよいよ駒大が初めてトップに立ちました。
一方の順大は追い詰められた形。正に絶体絶命。


鶴見中継所では順大の10区、アンカーの宮崎展仁選手(4年)が謙介を待っていました。

宮崎は、2年前は優勝テープを切り、昨年は2位で無念の涙のゴール。
そして、今年、3年連続でアンカーを任されていました。

宮崎は、復路のスタート、6区の宮井将治選手が、区間新を出し、
駒大に3分8秒の差をつけた時の心境を、こう語っています。
「口にこそ出しませんでしたが、内心“勝った”と思いました。

9区には謙介がいる。
そこでまた差が広がって、自分の所には貯金ができてタスキが来るはず」
と。

しかし実際には、差を広げてタスキをもらうどころか、
謙介が抜かれ、予想外にも2位でのタスキリレーとなっていたのです。

しかしこのような状況の中、宮崎選手は、
「自分がやるしかない。まだ23kmある。10km手前で追いついて、ラスト3キロで勝負。」
と考えていたそうです。

そして、エース・謙介が、200m近くあった差を逆転され、逆に100mの差をつけられて
やって来ました。
謙介は宮崎選手に「頼むぞ」という声とともに、タスキを繋ぎました。

宮崎選手が、17秒前を行く、駒大・高橋選手を追いかけます。

高校時代、宮崎選手は和歌山工のエースとして、
全国大会で都大路も走り、都道府県対抗では区間賞と、
高校時代からの有名選手。

一方の高橋選手は、長野高校出身で、駒大には一般入試で入ってきた無名の選手。
しかし、この「箱根」の時点では、持ちタイムは高橋選手の方が上。

二人の勝負が始まりました。

中継から3km。2人の差は5秒まで縮まっていました。
そして3.3km。ついに、並んだのです。
しかし、高橋選手は、それが計算どおりであるかのように、平然とした表情。

そして、6.1km。順大の宮崎選手がペースアップ。高橋選手が離れ出します。
高橋は非常に苦しい走りで、足も上がっておらず、2人の差はどんどん開いていく。

9km。差は200m。

そして、宮崎選手はそのままトップでゴールイン。

ゴールでは高橋選手に、2分55秒、距離にして1km近くもの差をつけていました。
順大、2年ぶり10度目の綜合優勝を果たしました
posted by 23book at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。