2006年01月21日

★ピンチで負けない自分管理術−元マリナーズ長谷川に学ぶ

4344002741.09(長谷川).jpg仕事で成果を出すため、いかに自分を管理するか。

いろんな本が出ていますが、
この「チャンスに勝つピンチで負けない自分管理術」が、具体的で、読みやすくてオススメです。

長年メジャーで一度もマイナーに落ちず、
成果を出し続けられた、その秘訣が満載です。


「僕は先発投手として失格したおかげで6年間、セットアッパーとしての地位を確立することが出来た。」

え? なんでこんな前向きに考えられるの?


「ピンチという状況は、客観的に見て、存在しない。
それは自分が作り出した幻影であり、『魔物』なのだ」



なるほど。。。 自分の解釈しだいってことか。


おそろしいまでに、すべての出来事を「ポジティブ」にとらえることができる
「元」マリナーズの長谷川が、この本で教えてくれていることは、

●目標は具体的に設定し、必ず紙にかくこと。
そして実現までのステップを具体的にすること

●いつでも失敗をしてもいい。でもそこから何を学ぶかが大事。

●人には自力でコントロールできることとできないことがある。
 コントロールできることはしっかりとやり、コントロールできないことは
 その状況を楽しむこと



とにかく、メジャーリーガーとして実践している自分コントロールの方法が
具体的にかつやさしく書かれています。

大半は、日々の仕事にも簡単に取り入れられるものばかりです。

ビジネスマンばり、というかほとんどビジネスマンの長谷川は、
たくさんの本を故障中に読んだとか。

今回の引退の決断も、ひょっとしたら、第二の人生の「コントロール」を
すでに描いていたのかもしれないですね。

「金持ち父さん貧乏父さん」がお気に入りらしく、その他にも
「メンタル・タフネス―勝ち抜く「精神力」を手に入れる」
「大リーグのためのメンタルトレーニング」なども
オススメしていました。






 





posted by 23book at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11996856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。