2006年02月07日

★どこまで自分にこだわれるか?−トリノ・上原選手に学ぶ

トリノオリンピックが間近ですが、
注目している選手を応援していきたいと思います。

先ず今回は、モーグルの上原愛子選手です。

過去二回のオリンピックでは、
同じくモーグルの日本代表の里谷多選英手の
ニ大会連続のメダル獲得の影に隠れていましたが、
今回はやってくれそうな気がします。

というか、頑張って欲しい!

早くから体の軸を斜めにして跳ぶ、最高何度の技『3Dエア720』は、
女子の中では、いち早くチャレンジして習得した技です。

今でも、この『3Dエア720』という大技を決められる選手は、
上原選手しかいません。
この技をトリノで決めて『金メダル!』と行きたいところです。


こんな上原選手をコーチは里谷選手と比較して、
『愛子は、1つ1つの目標を確実に繰り返し乗り越えて行くアスリート。
 多英は不器用だけど、あれだけスキーの上手い選手は男女を通じていない』
と言っています。

上原選手は里谷選手を見て、
『ホント羨ましい。
必ず、大切な大会では結果を出すあの集中力は凄い』
と語っています。

近くにいる人は、上原選手を見て、
『まわりを気遣える優しい子。まわりの人の期待すべてに応えようとする。
だけど、アスリートとしてはもっとわがままの方がいいんだけど』と言っています。

こんな上原選手だからこそ、頑張って欲しいです。

昨日、上原選手はテレビで

『メダルは欲しいです。

でも、たとえ、メダルを取ったとしても、

満足な滑りでなければ、満足はできない。

やり切ったと思える滑りがしたい』と。


レースの順位は、勝っても負けても、相手あってのこと。
しかし、努力するかしないかは全て自分次第。正に自分との戦い。

結局、レースに勝ったとしても、努力した分だけ満足できる滑りができなければ、
『努力した自分が悲しい。しかし、努力が足りないという事実。であれば、
 更に努力するしかない。』

そう思えるほど、上原選手は、自分と戦い挑戦と努力をして来たんだと思います。
『そこまで自分にこだわれる』人もなかなかいない。

こんな上原選手だからこそ、頑張って欲しいです。

今、発売中のナンバーで、上原選手はこんなことを言っています。

『自分が本当に弱いということが分かりました。
 でも、弱いことには変わらないんです。

 でも、弱いと言うことが分かっているだけでも進歩している。』と。

そんな上原選手のコーチは
『本当に強くなった。今すぐ、レースでもいい。』と言っています。

上原選手の活躍を信じています。






posted by 23book at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12911028

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。