2006年02月24日

●気合のこもったことばを自分自身のことばで話す−女子カーリングチーム

女子カーリング。

惜しくも決勝進出が果たせませんでした。
日本での競技人口は、わずか2500人。

競技場も全国でたった9箇所。

しかし、そんな日本女子カーリングチームが今回のトリノでは、
長野の金メダルチーム・カナダ、
ソルトレークの金メダルチーム・イギリスといった、
カーリング強豪国を破っての、大健闘であったことは間違いがありません。


日本のスキップ・小野寺選手がストーンを投げる。

ゆっくりゆっくり、ストーンが氷上を進んで行く。
カーリングに長けたはずの解説者も、どうなるか分からない。
このなんとも言えない間が、見る者をハラハラさせます。

決して、スピーディーな展開ではないカーリング。

作戦を立てている時間、ストーンが進んでいる時間は、
ゆっくりしているカーリングですが、
その「行間」の「時間」の密度の濃さを感じさせるカーリングが、
日本中をドキドキさせてくれました。

小野寺選手の、顔が目に焼きついています。


奇跡の準決勝進出へとスイスに挑みましたが、
最後の最後は、スイスに11対5で、負けてはしまいました。


でも、日本代表選手は、
●「マイナーなスポーツだけれど、誇りを持っている」
●「人生を懸けて来た」
●「これでカーリングが日本に普及してくれるのなら、本当に嬉しい」
と、試合後、涙ながらに、しかし堂々と語っていました。

試合直後に、本人が一番悔しく泣いている時のインタビューです。


平均年齢23歳の日本の女の子が、
心の底から「誇り」「人生」「日本」ということばを話している。


このインタビューに、もちろん「台本」はありませんでした。
本人たちは、「練習」をして、答えていたわけではありませんでした。

つまり、この「カーリング娘たち」が「本当に心に思っている」からこそ、
出てきた「言葉」だったわけです。


けなげじゃないですか。
謙虚じゃないですか。
慎ましいじゃないですか。
泣けてくるじゃないですか。

日本も捨てたもんじゃないです!

この「おごらない、小さな心」が、
この何か煮え切らない感じの残る、
トリノオリンピックの中で、
大きく輝いたような気がします。

「命をかける」「使命感を持つ」

このことほど、力を生む、感動を伝えるものはない、と
あらためて感じ入った、そんなカーリングでした。


日本女子カーリングチーム、ありがとう。
posted by 23book at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。