2006年03月21日

●「まっすぐ」な気持ちが結果を産む − 王ジャパンおめでとう!

普通に考えれば、「王ジャパン」は実現しなかったのかもしれません。

なぜなら、現役のプロ野球の監督が、シーズン前の大切なキャンプ、
オープン戦の時期に、完全にチームを離れることになってしまうからです。

しかし、王監督は、

「サッカーのW杯だって今でこそ世界的な大会だが、開催当初は
 さまざまな問題や反対の声もあったはず。
 でも、それに屈することなく続けたから大規模な大会になった。

 WBCも、この第1回を開催することに意義があるんだ」

そして

「日本の、そして世界の野球発展のために」

という信念で快諾しました。


王監督というのは、とにかく、「真っ直ぐな気持ち」を感じる人です。今日の試合でも、ベンチで一番、興奮しているのは、王監督でした。

ボールを目線で追って、体が動いて、ゲームと一体となり、興奮している
王監督の姿は、とても人間ぽく、そしてとても一生懸命な心が伝わって
来るものだったように思います。


イチローは王監督のことをこう言っています。
「信頼できる人。嘘をつかない人」と。


また、イチローは大会が始まる前にこんなことも言っていました。

「メジャー選手との普段の何気ない会話の中で、王監督の名前が出て来る。
 この大会では間違いなく王監督へのサインの要求が一番多くなる。
 そんな本当に偉大な選手なんです。

 その王監督に恥をかかせるわけにはいかない。
 日本人の誇りもあるし、絶対に勝って世界一になりたい」と。

そんな思いを持って戦ったWBCの米アリゾナ合宿で、
世界一のヒットマン・イチローは世界のホームランキング・王監督に、
自分の悩みをぶつけました。

イチロー 「打撃が簡単なものだと思ったことはありますか」
王監督  「そんな時期は一度もなかったよ。
      (打撃は)つかんだと思っても、すぐにどっかに消えちゃうもの。
      それは辞めるまで続くものだ」

イチローは王監督のこの言葉に「勇気づけられた」そうです。


そして、王ジャパンが野球世界一を勝ち取りました!
やりました!本当に、嬉しい限りです!


イチローは、初めて日本代表のユニフォームに袖を通した時に、
こう言っていました。

「やっぱり、日の丸の入ったユニフォームを着るだけで、
 身が引き締まる」と。

昨日の会見では、こう言っていました。

「自分をこんなに興奮させるのは、
 やはり、このジャパンのユニフォームだと思います」と。

そのイチローは、韓国戦では、信じられないくらい熱くなり、
負けた夜は我を忘れるまで、飲み明かしました。

また、優勝が決まった後には、こう言っています。

「野球人生最高の日。
 素晴らしい仲間と野球ができて本当にうれしい。
 ものすごいプレッシャーだった。
 でもこんな形で終わるとは。
 僕がこのチームメートたちに持ち上げてもらった。
 このチームでメジャーで戦いたいくらい。
 それくらい素晴らしいチームだった。」

また、優勝後には、王監督もこんなふうに言っています。

「聞いてはいたが、身をおいてみて、
 こんなにプレッシャーがすごいとは思わなかった」と。

「世界一」を知る二人にさえ、そうまで感じさせる「日本代表」の言葉。
やっぱり、日本人である以上、日本代表として戦うことには、
「大きな意味」を感じるのだと思います。
それだけ、「心」に色んなものをつめる重い言葉なのだと思います。

そして、自分は、そんな「日本代表」を見て、
そして見事に勝利した姿を見て、
同じ日本人として、誇らしい気持ちになりました。

自分も、日々の仕事、ビジネスの世界で「日本代表」から学びとった
気持ちを活かし、王監督のように「まっすぐ」「真摯な」姿勢で、
いつか「日本を代表する商品やサービス」を生み出すような
ビジネスマンになりたいと思います。

おめでとう、WBC日本代表!
ありがとう、WBC日本代表!
posted by 23book at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15221101

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。