2005年07月14日

●柳本監督の檄が飛ぶ(2)

親友からまたもメールが・・・
バレーが熱い。

---------------------------------------------------------------

昨日のイタリア戦。惨敗でしたね・・・。

  予選で各国中ナンバー1だったブロックをしていたセンター陣が
徹底して動きを読まれ・・・。

  とはいえ、「対応」仕切れなかった、ということに尽きると思います。
  なにせ、「一枚ブロック」でも止められてましたからね。

  竹下キャプテンが言っていたように、「相手がどうという問題ではなかった」と思います。
  落ち着いてプレーできていなかったのかな?

  そんな時に頼りになるのが「シン」こと、高橋選手ですよね。
  あの「落ち着き払った」、しかし「怒りにも似た闘志溢れる」高橋選手の表
情を見ると、とても威圧感を感じます。

  まだまだこれからの全日本。
  世界を相手に、スピード&コンビネーションバレーでとにかく挑戦です。


  本シリーズが全てではなく、あくまで北京に向っているわけですから。
  今度はオランダ戦・・・と思ったら、3-1で逆転勝利!!やったー!!

  明日は休んで、最後の3連戦。ラストスパートして欲しいですね!

  ※このチームに「大山・栗原コンビ」がいい形で戻って来たら、パワーアッ
プもするのが楽しみです。

--------------------------------------------------------------------
なぜこんなに熱い?

柳本監督の本、読み始めました。
どんな感動があるのか、楽しみです。
posted by 23book at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。