2005年07月21日

●ジャックニクラウスさんへ、「ご苦労様」と言いたいと思います。

第134回「全英オープン」が、7月14日(木)から17日(日)までの4日間、
今年はゴルフの聖地、スコットランド、セントアンドリュース ・ゴルフクラブ・
オールドコースで開催されました。

そこには、ゴルフの原風景が広がっています。

ゴルフの起源は、スコットランドの羊飼いがウサギの掘った穴に石ころを入れる
遊びだったらしいのですが、セントアンドリュース・オールドコースは、
400年前の1547年からプレーされていたといわれ、ゴルフ発祥の地に生まれた
世界最古のゴルフコースで、原型の設計者は、マザー・ネイチャー。つまり自然。

誕生から、その原形がほとんど変わっていない。
人々からは「神が創り出したゴルフコース」と呼ばれる名門です。

しかし、人の手が加えられておらず、例えて言えば、日本にある河川敷のゴルフ
場といった風景が広がります。
1日の中にも四季があるといわれるほど、天候はよく変わり、
そして、全く平坦な場所などどこにもないのです。

フェアウェイにナイスショットを放っても、場所によっては
どこに行ってしまうか見当もつかない。
逆に、ミスショットをしても、ラッキーに転じることもあります。

また、グリーンにナイスオンしたボールが、パッティングをする時に、
風速40メートルの風によって30センチ以上も動いてしまうことも・・・

何もかもが、自分の思い通りには行かないわけです。
自分の力だけではどうにもなりません。

イギリス人はこんな風にいうそうです。

「それがゴルフ。人生だって同じ。いつも力のある人間が勝つ訳ではない。
そして、ゴルフが面白いのは、そこなんだ」と。

そんな「自然」の中にあるセントアンドリュースは、普段は一般の人に公園とし
て解放されている。そして、自由に楽しまれて、街の一部となっている「自然」なのだ。

大よそ、日本人が、高いお金を払って、きれいに整備された高級ゴルフ場に行く
ことが、お金持ちの象徴であったり、ステータスであったりするのとは趣きが違う感じが
します。

正に、自然と向き合い、自分と向き合い、人生を考える、親しみのあるゴルフク
ラブ、セントアンドリュース。

ちなみに、同じイギリスで行なわれるテニスの全英、ウィンブルドンは格式高く、
どこか人を寄せ付けないような雰囲気。
また、ゴルフのマスターズが行なわれるオーガスタも、由緒ある会員制のゴルフコース。
メンバーが世界中で約300人。会員はお金よりも名誉で長年次継がれた家系で維持
されている場合が多い。

「偉大な心」を持ったセントアンドリュース。そして、今年。
一人の偉大なゴルファーが引退を決意し、最後のプレーを終えた。
歴史に残るプロゴルファー。
ジャック・ニクラウスが現役を引退をしました。

最終18番ホール、最後のバーディーパット。
最後のパットをギャラリーも、TVの前の自分も、
「入ってくれ」と祈るような気持ちでいました。

ニクラウスの集中した、しかし、心なしか丸まった背中から、
緊迫感が伝わってきました。まるで、優勝のかかった場面のように。

放たれたボールは、スライスラインに乗って見事カップイン!!
1986年のマスターズでの奇跡の逆転優勝を彷彿させるかのように、
左手を突き出した!

絵になる65歳である。

そのシーンをはかなそうな目をしたバーバラ夫人が見守っていました。

1975年マスターズ。チャンピオンを祝福するパーティ。
バーバラ夫人だけが、人の輪を離れ、独り壁際に座っていた。
目には涙が溢れていた。

「あの人の優勝を素直に喜べないんです。」とバーバラ夫人は言ったそうです。

「だってあの人がこの試合に勝つために、
 どれだけのことを犠牲にして、努力して、節制しているかを、私は全部見ているんです。
 そんなにしてまでも、勝ちたいという気持ちを考えると、とても喜べません。残酷です」

でも、ニクラウスのいう勝利への欲求や闘争心が、自らをそこまで追い込むのだと思います。
しかしそれは、本当に近くにいる人を悲しましてしまうほどのものなのだと思います。

しかし、昨日のバーバラ夫人がニクラウスを見ている目は、何か「よくがんばっ
たわね」と心から賛辞とねぎらいを投げかけているような優しい目だったような気がしました。

ジャックニクラウスさんへ、「ご苦労様」と言いたいと思います。


●みつけたリンク

「ジ・オールドコース・エクスペリエンス 3泊プログラム」
http://www.e-tabinet.com/com/catalog_detail.jsp?catalog=flt005

2005年マスターズ観戦 ショッピングモール
http://www.golfleisure.com/2nd/Masters/2005-masters.html

半袖ポロシャツ 第134回全英オープン2005 in St.Andrews Old Course
http://www.britishlife.co.jp/picture00031.htm

posted by 23book at 01:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5239084

この記事へのトラックバック

全英オープン (ゴルフ)
Excerpt: 全英オープン (ゴルフ) 全英オープンゴルフ(ぜんえい−)はゴルフの世界4大メジャートーナメント大会の一。正式名称はThe Open Championship。イギリスのゴルフ競技団体R&A(ロイヤル..
Weblog: ゴルフゴルファーの扉
Tracked: 2005-08-01 07:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。