2005年10月06日

●まだまだ、挑戦−カズのコトバ

また親友からメールが・・・
カズのことばの中で、好きな部分をピックアップした内容です。

=================================

「最近、自分に疑いを持つ瞬間がある。
やって来たことが本当にちっぽけなことのように思えてしまう。

日本から海外に出て行く選手がどんどん出て来て。
日本代表がワールドカップで勝てるチームになって。

でも本当は、先輩たちや僕らの時代の積み重ねがあったから今がある。
そしてまだ成長し続けている自分がいる。

サッカーだけではなく、何かを続けるためには努力していくしかない。

周囲は、通用するのかしないのかとか騒ぐこともあるけれど、
自分は、通用するかしないかは分からないから、挑戦したいんだ。」

38歳のカズにとって、プロの第一線でい続けることは、簡単なことではない。
時間と体力との勝負になって来ている。

現実、カズは今季、控えの時期があった。しかし、不満や批判を一切口にはしなかった。
試合前には、控えでもレギュラーに加わってアップする。カズは、いつも堂々としていた。

カズは言う。
「引き際を考えないこともない。
J2でも、更に下のリーグでも、サッカーを続けたいと思う一方、
周りの人が期待する「カズのベスト」を維持できなくなるまで続けてはいけないとも思う。
でも、12年前のベストと今のベストとは違う。

今までずっと、失職する危機感とは常に背中合わせだった。
「自信」と一緒に「不安」もある。

でも、危機感をプラスにして、毎日楽しくサッカーをしたいね

どうなるかわからないというのは、楽しいことでもあるからね。」
posted by 23book at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近のスポーツをみて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。