2005年10月25日

★ここまでチームの心をひとつにするとは・・・バレンタインの人心掌握術

正直、すごい。

バレンタイン監督、おめでとうございます!


ちょっと早いですが、間違いないのではないかと思いますね・・・


以前読んだ雑誌を、再び紹介します。

====================================


別に千葉住民ではありませんが、バレンタイン監督の
数々のパフォーマンスが気になっていました。

先日本屋の「ベンチャー・経営」という棚に、
ベンチャータイムズという雑誌をみつけました。


特集1に、「トップとしての必要十分条件」とあり、
ボビー・バレンタインが特集されていました。

●失敗を許される環境をつくる

 ・・・指導者は、プレーヤーのやる気をなくさせてはダメ

確かにそのとおり。
理念や技術の細かい指導を押し付けすぎて、選手の
やる気をそいでしまってはだめだなぁ・・


●野球という商品の、

プレーの完成度が最重要課題


 ・・・いくらファンサービスがよくても、試合の内容が
    ダメなら、やっぱりダメ

選手が左右する野球のプレーに対して、不甲斐ない成績を
上げつづけたとき、スタンドのファンのみなさんへ監督みずから
頭を下げた、バレンタインさんはすごいと思います。

選手を一方的にマスコミの前で攻める監督が多いなか、
なかなかできることではありません。

やっぱりチーム不振の責任は、リーダーにある、ということ
だと思います。


◆━━━━━━━━━━━━━┓
 今 回 の ま と め 
┗━━━━━━━━━━━━━◆

●:ベンチャータイムズは、こんなときに読んでみたら?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 自分の考える目標を、どうチームに浸透させるか?
 その考え方のヒントが欲しいときにぴったりです。


●:すいすい読むためのコツは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 記事はコンパクトまとまっていますので、最初から読んでもすぐ
 読み終わります。 
 その他にも今話題の経営者がたくさん取材されています。
 ひとつ一つの特集がコンパクトにまとまっていて、読みやすい雑誌です。
posted by 23book at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ本に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ボビーバレンタイン監督の意外な特技
Excerpt: 1000本ノックを超えて―バレンタイン監督の日米野球論 ボビー・バレンタイン 先日、31年ぶりに日本一になった千葉ロッテマリーンズの監督ボビー・バレンタイン氏が”正力松太郎賞”を受賞された..
Weblog: 我楽侘箱の世界
Tracked: 2005-11-05 00:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。